Adobeが「Flash Professional CC」を「Animate CC」に名称を変更。HTML5の時代に

米国 Adobe Systems はソフトウェアのみを開発する企業として世界最大の企業ですが、動画やゲームを作成するための同社の製品『Flash Professional CC』の名称を、2016年に『Animate CC』に変更することを発表しました。HTML5 コンテンツのうち、三分の一以上がこのソフトによって作られている現状を正確に反映させるため、としています。

Adobe isn’t killing Flash, just changing the name of the tool that makes it

http://www.macworld.com/article/3011093/software/adobe-isnt-killing-flash-just-changing-the-name-of-the-tool-that-makes-it.html#tk.rss_all

no_flash-100596372-large

スポンサーリンク

Adobe も認める「全デバイスにおける未来のプラットフォーム」 HTML5

この変更を告知した投稿の中で、同社は Flash に「ウェブを『進歩』させる」とクレジットを入れています。その一方で、HTML5はノート PC のバッテリーにも扱いやすく、かつて Flash が持っていたような脆弱性も持たず、「全デバイスにおける未来のプラットフォーム」として十分に成熟したと認めています。

スポンサーリンク