ロープで足場を組むドローン

チューリッヒ工科大学の研究者は2012年7月以来、「架空施設」の研究に取り組んできました。

Watch These Drones Weave a Working Rope Bridge

http://www.popularmechanics.com/flight/drones/a17426/drone-rope-bridge/

1442864812-bridgedrone

架空施設」とは、読んで字の如く、空中で行われる建築の事です。基本的な考えとしては、小さいクァッドコプターを使って、人間が使える構造を作るというものです。今回は、ロープでつり橋を作りました。

と言っても、ロープでつり橋を作ることがどれだけ難しい作業なのか知らなければ、大して面白いことにも思えませんね。まず、ドローンはロープにかかる張力をコントロールして編んだり、つなげたり、結んだりできないといけません。そして他のドローンや既存のロープにぶつかってもいけません。そしてメインの部分が出来上がれば、安定化させる部位の構築にあたります。これにも追加の演算が必要です。

スポンサーリンク