知性を持つ機械:AIが4歳児並のIQを獲得

マサチューセッツ工科大学(MIT)の開発している人工知能システム(AI)が、このたび幼児向けのIQテストを受けました。

Intelligent Machines: AI had IQ of four-year-old child

http://www.bbc.com/news/technology-34464879

_85953478_children

MITの発表によると、結果はほぼ4歳児と同等の知能を備えているというものでした。機械は特定の作業、たとえばチェスをしたり絵画を認識したりといったことでは、ますます高性能になっています。ですが一般的な知能というのは、依然として機械にとって理解しがたいものです。

MITのマシン(ConceptNet4と呼ばれています)はイリノイ大学の心理学者Stellan Ohlsson教授の下で性能を試験されました。ConceptNet4の受けたIQテストは、アメリカの学校で広く用いられているものです。幼児向けに作られており、5つの分野の知能を測定します。

情報 – 「ペンギンはどこで見る事が出来ますか?」といった質問です。幼児語でないのはご勘弁を。

語彙 – たとえば「家とは何ですか?」。

単語の類推 – たとえば「それを通して何かを見ます」「四角形です」「開けられます」といった3つのヒントからそれが何かを当てます。

類似性 – 「ペンと鉛筆はどちらも・・・?」

理解力 – 「なぜ握手をするのですか?」

もちろん、問題はコンピューター用に改変して、プログラムも新しく組まないといけません。その結果、語彙と類似性ではスコアが高く、情報は平均的、単語の類推と理解力は低いという結果がでました。研究者らは今回のConceptNet4の結果を、4歳児の平均ではあるが、5~7歳児の平均には劣ると判断しました。

スポンサーリンク