Android Nに3D Touchライクな機能が実装される可能性が濃厚に

iphone-6s

スポンサーリンク

Googleが3d Touchライクな機能を公式に開発か

iPhone 6sで最も素晴らしい機能は何でしょうか。

いろいろな意見が出るでしょうが、その中に3D Touchの名が挙がることは間違いないでしょう。

3D Touchとは、ディスプレイに圧力が加わった際にその強さを認識して「軽く触れる」「しっかり触れる」で違う操作ができるようになる機能です。

アップル製・サードパーティ製を問わず、3D TouchをサポートするiPhoneアプリは続々と登場しており、今後のiOSデバイスでは3D touch機能が拡張されていくことは自然な流れです。

一方でAndroidデバイスに関してですが、Googleの2016年度Nexusシリーズが3D Touchに似た機能をサポートするようになるという噂があります。

ユーザーの中には、Androidと3D Touchと聞いてMEIZU社の「MEIZU Pro 6」を連想する方もいるのではないでしょうか。

ランチャーショートカットに3D Touch機能が使われる?

いくらサードパーティが3D Touch対応デバイスを開発したところで、Androidの開発元であるGoogleが3D Touchをサポートしない限りは出来ることは限られます。

しかし巷に出回るAndroid Nのプレビュー画面をよく見ていくと、Android Nでは公式にサポートされるようになると推測できるというのも事実です。

たとえばAndroid Nの新機能「ランチャーショートカット(アプリの特定の動作をショートカットに登録しておく機能)」に関する中に、3D Touchをサポートしていると思しき文面が見て取れます。

他にもGoogleから出された文面を見ていくと、各アプリにユーザーが自分でショートカットを登録できる機能もあるようです。

自分専用のカスタマイズをしていくというスタンスは、まさにGoogleの好むところと言えます。

ショートカットは二種類

さらに見ていきますと、どうやら登録できるショートカットには大きく分けて二種類あるようです。

一つ目は「dynamic shortcut」。

各アプリに最大五つまで登録することができ、アイコンの上で特定のジェスチャーをすることで機能します。

もう一つは「pinned shortcut」。

これはdynamic shortcutをランチャーまでドラッグして作るコピーで、こちらは個数の制限はないようです。

より簡単に、より使いやすく。

iOS、Androidともに競い合って進化していくことを期待するものです。

Via: BGR

スポンサーリンク