Android の父 Andy Rubin 氏がモバイルゲームで復帰

Android 製作者の一人である Andy Rubin 氏はここしばらくの間、 Android 業界から一線を退いていました。2013年に Google の Android 部門からロボティクス部門に移り、翌年退社して、ハードウェア投資顧問企業 Playground Global を創設しました。そして現在、電話会社を設立して Android 業界に返り咲くことを計画中であると語りました。

Andy Rubin, the father of Android, looks like he wants back in the mobile game

http://www.androidauthority.com/andy-rubin-father-android-looks-like-wants-back-mobile-game-659479/

andy-e1414714882281-1940x1090-840x472

スポンサーリンク

Andy Rubin 氏にかけられる期待

この二年間、Rubin 氏自身が主導してきたプロジェクトこそありませんが、それでも数多くの新しい分野に携わってきました。拡張現実から新しいコンピュータープラットフォーム、さらには人工知能まで。

もし Rubin 氏が Playground Global で運用していた資金を新しい電話会社につぎ込むとしたら、これまで別々の存在でしかなかった技術が手を取り合い、モバイルデバイスに革新をもたらすことだってあり得ます。たとえば、スマートフォンが同時に通信できるデバイスの数。現在の所その数は限られたものでしかありませんが、一気に広がる可能性だってあるのです。

これまで述べたのは推測に過ぎません。にもかかわらずここまでの期待を抱かせる。「Andy Rubin 」とは、技術業界においては一種のアイコン、象徴でもあるのです。腰を据えて、首を長くして「Rubin Magic」を待とうではありませんか。

スポンサーリンク