Android版ポケモンGOの公式スクリーンショットが初めて公開される

Pokemon-GO-1-640x482

スポンサーリンク

ポケモンGOの共同開発企業から公式な画像が発表される

任天堂は拡張現実(augmented reality:AR)ゲーム「ポケモンGO」の開発を、世界的に有名なモバイルゲーム「Ingress」を提供する「Niantic社」と共同で進めています。

そのNiantic社のJohn Hanke CEOがアメリカの大規模イベントSxSWの中で、開発開始以来初めてとなるポケモンGOの「公式」スクリーンショットを公開しました。

現実世界を歩いて野生のポケモンと遭遇

スクリーンショットから得られた情報によると、このゲームのメインはスマートフォンのAR機能を使って、世界中の実際の場所で野生のポケモンを捕まえることになるようです。

ゼニガメを捕まえたいのなら水場に行く必要がある、といった感じですね。

ポケモンはいろんなタイプがありますので、全部捕まえたいのならあらゆる場所に行く必要があります。

ポケモンGOを起動中に外を歩いていると、近くに野生のポケモンが現れた時にスマートフォンが振動して教えてくれます。

画面のマップ上に現れたアイコンをタップするとそのポケモンと遭遇することができ、モンスターボールをスワイプして投げ、捕まえることができます。

Pokemon-GO-2-640x507

モンスターボールの補充は「ポケストップ」で

モンスターボールの数には限りがあり、少なくなったら「ポケストップ」で調達する必要があります。

このポケストップというのは主に名所旧跡や有名なスポットに配置されていて、時折ポケモンのタマゴが見つかることもあります。

タマゴはプレイヤーがたくさん歩くことで孵化し、頼もしい味方となってくれるでしょう。

育てたポケモンをジムに配置して他の勢力との陣取り合戦

たくさんのポケモンと遭遇し、捕まえていくとプレイヤーの「ポケモントレーナーとしてのレベル」が上がります。

トレーナーレベルが上がると徐々に強いポケモンと遭遇できるようになり、便利なアイテムも手に入るようになります。

また、ある程度レベルが上がると三つある勢力のどれか一つに所属するようになります

勢力に所属したトレーナーはマップ上にある「ポケモンジム」に自分のポケモンを配置することができ(一つのジムに突き一匹まで)、同じジム所属の他のトレーナーのポケモンと協力して挑戦者を迎え撃つことになります。腕に自信があるのなら、逆に他の勢力のジムに挑むのも良いでしょう。

発売日などの公式情報はまだありませんが、フィールド試験は近々日本国内で行われる予定で、数週間後には国外でも試験を開始するとしています。

Via: Phandroid

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク