モジュール型スマートフォン「Project Ara」が年内にデベロッパー向けに提供開始

yu_ara3

スポンサーリンク

Project Ara

Googleの開発しているモジュール型スマートフォン「Project Ara」

このプロジェクトが開始されたのは2013年のことです。

スマートフォンを構成するディスプレイ、CPU、メモリ、ストレージ、カメラなど、あらゆるパーツを自由に組み合わせてオリジナルのAndroidスマートフォンを作るというコンセプトでしたが、道のりは平坦ではありませんでした。

一般ユーザーの手には2017年に

project-ara

Project Araの開発を行っているのはGoogle内の開発チームATAP(Advanced Technology and Projects)です。

ATAPは現在開催されているGoogle I/O 2016でProject Araの最新情報を公開しました。

それによると、ついに社外に公開できるレベルにまで開発が進んだそうで、近々外部に提供を開始するとのことです。

デベロッパー向け開発ユニットの供給は今年の秋に開始される予定で、一般ユーザーの手元に届く2017年までに多くの組換えモジュールが開発されると見られています。

記念すべきProject Ara第一弾には六つのモジュールスロットが搭載されています。

今回ATAPが公表したモジュール側で最も印象深かったのは、電子インク・ディスプレイを採用したモジュールでしょう。

スポンサーリンク