Android デバイスの90%以上に深刻な脆弱性が存在

BlackBerry が Android のセキュリティ向上に多大なリソースを割いているのはご存知のことことかと思います。これは非常に労力のかかる作業です。

Google-funded study reveals Android security is a total disaster

http://bgr.com/2015/10/13/why-is-android-security-so-bad/

android-robot-frankenstein

ZDNet によると、ケンブリッジ大学の研究者らはこのたび、Android のセキュリティは危機的状況にあると報告しました。彼らによると、Android の90%以上は、何らかの致命的な脅威に晒されているとのことです。

「厄介なのは、Android のセキュリティに関する情報はメーカーとユーザーの間で非対称になっていることです。メーカーはデバイスが現在安全か、セキュリティのアップデートはあるかを知っていますが、ユーザーはそれを知らないのです。」

最も安全性の高い Android デバイスは Nexus です。Nexus は迅速に修正パッチを出すのにメーカーなどに頼る必要がないのがその強みです。サードパーティに目を向けると、LG 製デバイスが次点となりますが、これは LG が昔から Nexus を製造している大手だからというのも理由の一つです。さらに Motorola、Samsung、Sony そして HTC がかなり遅れて続きます

研究者はこのように説明しています。「Android の安全性は、致命的な脆弱性を修正するパッチがタイムリーに出されているかに依存しています。残念ながら頻繁なアップデートがなされているデバイスはほとんどなく、脆弱性を放置したまま年に平均1.26回のアップデートしかされていないのが現状です。Android の脆弱性の問題は、脆弱性を修正するパッチをなかなか出さないメーカー側にその責任があるのです。」

スポンサーリンク