6月1日以降、App StoreはネイティブアプリでないWatchOSアプリを拒否するように

この記事をSNSでシェアしよう!

watch

スポンサーリンク

6/1以降のWatchOSアプリはWi-Fi通信が必須に

先日、アップルがApple Watchアプリの開発に関する声明を発表しました。

その声明によると、2016年6月1日以降、App StoreはiPhoneを経由せずに直接Wi-Fi通信ができるネイティブアプリ以外のWatch OS用アプリを拒否するとしています。

「2016年6月1日以降、App Storeに提出される新たなWatchOSアプリは全て、watchOS 2 SDK(software development kit)以降で開発されたネイティブアプリでなくてはいけません」

iPhoneが傍になくても通信機能が使えるように

Host-II_Airbnb-on-Apple-Watch-930x667

WatchOS 2 SDKは昨年に一般に公開されたアプリ開発キットで、WatchOS 2用のアプリを開発するための最低限の環境がセットになった、デベロッパーの活動を支援するためのものです。

Apple Watch最大の弱点として、傍にiPhoneがないとネットに繋げられないというのがありました。

今回の声明によりアプリが直接Wi-Fi接続できるようになれば、iPhoneが手元にないときや、持ち込むのが難しい場所で使用できるようになります。

Via: VentureBeat

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアしよう!