iPhone6Sのここがすごい!9つの新機能

Appleファン待望の次世代機、iPhone6sとiPhone6s Plusが発表されました。水曜日に開催されたイベントは、いまだに盛況です。一度立ち止まって、iPhoneについて振り返ってみましょう。

iPhone6Sのここが残念!?な5つの問題点もご覧ください

iPhone 6s: The 9 best new features

http://bgr.com/2015/09/09/iphone-6s-specs-best-new-features/

iphone-6s3

2015年は「S」の年です。次世代iPhoneを求めて販売店に行くと、今度は大きなアップグレードが予定されているのだとすぐにわかりました。

さて、発表されたばかりのiPhone6sと6s Plusの新機能とは?最高の新機能をご覧ください。

スポンサーリンク

3Dタッチ

iPhone6sと6s Plusではリブランドされていますが、今回のイベントの目玉はForce Touchでしょう。新しいハードとソフトの組み合わせにより、三段階の圧力を認識できるようになりました。押す強さを変えることで異なったアクションを取ることが出来ます。

ピークジェスチャーとポップジェスチャーがいい例でしょう。軽くタップすればピークジェスチャー。強く押せばポップジェスチャーです。スワイプでもいろいろなアクションが取れます。たとえば、左から右にスワイプすれば、いま画面に出てるアプリを消して前のアプリに戻れます。Apple Watchなどのように、振動機能の調節のためのタップエンジンも搭載しています。

3D Touchは素晴らしいですが・・・これだけで買いたいと思いますか?思わなくてもご心配なく。他にも新機能は目白押しです。

モーションウォールペーパー

Appleの新製品はモーションウォールペーパーを実装しています。動く壁紙はスマートフォンでは目新しいものえではありませんが、Appleのは従来のものよりはるかに複雑です。

「Bendgate」よさらば

iPhone6最大のスキャンダルは何でしょうか?一回遭遇すればわかるものです。昨年の「Bendgate」の二の舞にだけはならないでしょう。Bendgateとは、iPhone6本体の曲がりやすさを受けて言われるようになったスラングで、「曲がりすぎ」「柔らかすぎ」ぐらいの意味です。今回の新製品はApple Watch同様、7000 Seriesアルミ合金を使用しています。昨年の「Bendgate」よりもはるかに硬い素材だそうです。もちろん、曲げようとする人が現れるのを止めることはできません。iPhone6sを曲げようとする動画が大量に上がることでしょう。

新色

昨年のゴールドカラーiPhoneは受け入れられなかった人もいるでしょうが、いまや普通に見かけるようになりました。iPhone6sには、ゴールドが継続して採用されています。それに加え、新しくローズゴールドも追加されました。

カメラの性能もアップ

iPhone6と6 Plusは画素数の増加よりも写真の画質の向上に力を入れました。2016年、Appleはどちらも行います。

6sと6s Plusの背面カメラの画素数は12MPであり、昨年モデルよりも大きな進歩です。新型は光学的に優れた設計をしており、4Kビデオを撮影することが出来ます。前面カメラは5MPまで上昇しています。自撮りパノラマとHDビデオの撮影が出来ます。どちらも新しいソフトを積んでおり、暗所での撮影がしやすくなっています。

ライブフォト

iPhone6sで写真を撮ると、短い動画も自動で撮影されます。写真を軽くタッチすると動画が再生されます。素晴らしい…

パフォーマンスの向上

昨年のiPhoneはデュアルコアA8プロセッサー、RAMには1GBしか搭載していませんでした。

今年のiPhoneはトライコアA9プロセッサーを採用し、A8の70%、GPUの90%速度が向上しています。加えてRAMは2GB。パフォーマンスは鰻登り。

新しいTouch ID

Touch IDセンサーも新しくなっています。読み込み速度は2倍になっているそうです。Appleの第一世代指紋認証機能は、他のセンサーに比べてはるかに高度です。それが第二世代になる。楽しみですね。

Hey Siri

iPhone6sの新しい「Hey Siri」は、iOSにとっては新しいものです。「Hey Siri」と言えばいつでもSiriを起動できるようにできます。たとえiPhoneのディスプレイがオフになっていたとしてもです。似たような機能は以前の機種にもありましたが、スクリーンがオフの時はプラグを差し込む必要がありました。何か調べる、アプリを開く、リマインダーを設定する、他にも何かしたいときは、「Hey Siri」と言えばOKです。

おすすめ記事:

【2015年版】Kindleで読める科学・コンピュータ・IT系のおすすめ本30選

iPhone6Sのここが残念!?な5つの問題点

iPhone6sのカメラの性能はAndroidと比較しても最も優秀?実際の写真で画質を比較

iPhone 6を使っていてイラッと来る欠点4つ

スポンサーリンク