iPhone6Sのここがすごい!9つの新機能

6sと6s Plusの背面カメラの画素数は12MPであり、昨年モデルよりも大きな進歩です。新型は光学的に優れた設計をしており、4Kビデオを撮影することが出来ます。前面カメラは5MPまで上昇しています。自撮りパノラマとHDビデオの撮影が出来ます。どちらも新しいソフトを積んでおり、暗所での撮影がしやすくなっています。

スポンサーリンク

ライブフォト

iPhone6sで写真を撮ると、短い動画も自動で撮影されます。写真を軽くタッチすると動画が再生されます。素晴らしい…

パフォーマンスの向上

昨年のiPhoneはデュアルコアA8プロセッサー、RAMには1GBしか搭載していませんでした。

今年のiPhoneはトライコアA9プロセッサーを採用し、A8の70%、GPUの90%速度が向上しています。加えてRAMは2GB。パフォーマンスは鰻登り。

新しいTouch ID

Touch IDセンサーも新しくなっています。読み込み速度は2倍になっているそうです。Appleの第一世代指紋認証機能は、他のセンサーに比べてはるかに高度です。それが第二世代になる。楽しみですね。

Hey Siri

iPhone6sの新しい「Hey Siri」は、iOSにとっては新しいものです。「Hey Siri」と言えばいつでもSiriを起動できるようにできます。たとえiPhoneのディスプレイがオフになっていたとしてもです。似たような機能は以前の機種にもありましたが、スクリーンがオフの時はプラグを差し込む必要がありました。何か調べる、アプリを開く、リマインダーを設定する、他にも何かしたいときは、「Hey Siri」と言えばOKです。

おすすめ記事:

【2015年版】Kindleで読める科学・コンピュータ・IT系のおすすめ本30選

iPhone6Sのここが残念!?な5つの問題点

iPhone6sのカメラの性能はAndroidと比較しても最も優秀?実際の写真で画質を比較

iPhone 6を使っていてイラッと来る欠点4つ

スポンサーリンク