アップルが長距離ワイヤレス充電機能を開発中 早ければ2017年にiPhoneに導入も視野

iphone_6s_andbox-590x330

スポンサーリンク

充電器に置かなくても良い新しいワイヤレス充電

アップルのiPhoneには、これまで常に時代を先取りする新機能が搭載されてきました。iPhone 7にもやはりそのような機能が搭載されるだろうと期待が寄せられていますが、中でもワイヤレス充電機能はその有力候補と言えるでしょう。ワイヤレス充電自体はすでにAndroidやWindows Phoneで実現していますが、アップルのワイヤレス充電はこれよりはるかに使いやすくなっています。実は充電器の上に置かなくても充電されるという、今までにない画期的な機能なのです。

QiやPMAなどのような、他のモバイルデバイスに使われている充電技術では充電器の上に本体を置く必要があります。ケーブルをつなぐ必要がないのでこれでも十分便利なのですが、充電中は本体を操作できないという大きな欠点も抱えています。この技術の次世代版でさえ、充電器から10センチメートル以上離すことはできません。ブルームバーグの情報では、アップルはアメリカやアジアの技術パートナーと協力し、ワイヤレス充電をWi-Fiに近づけようと開発を行っているそうです。

すでに実験は成功 早ければ2017年のiPhoneに導入

charging

コンセプトとしては、ワイヤレス充電器を家庭やオフィスの周りに置いておけば、部屋のどこにiPhoneがあっても充電されていくというものです。これを実現するシステムを開発した新規事業はすでに存在するのですが、現在では商業化するまでに至っていませんが、アップルはこの技術を早ければ2017年に導入する予定であると言われています。

スマートフォン市場は飽和状態に近づいていることもあり、昨年のiPhoneの売り上げは鈍化しています。これは収益の多くをiPhoneやiPadに頼るアップルとしては死活問題です。このワイヤレス充電機能は買い替えを促すには十分すぎるほど魅力的な機能ですし、充電器も売り上げが見込めます。アップルにとっても大きな期待をかけている機能と言えるでしょう。

Via: Apple could add long-range wireless charging to phones in 2017

スポンサーリンク