フル充電で2ヶ月使用可能なAppleのAppleMagicMouse2の意外な欠点とは

Appleはこのたび、マルチタッチ対応の新型 Magic Mouse をリリースしました。

Appleによると、2分間の充電で9時間使用でき約2時間かけてフル充電にすれば2カ月使用可能とのことです。もちろん、カタログスペックなのですが。マウスの電池の消費量は使う人によってだいぶ異なりますので、ご自分の消費ペースを把握してから使う必要があります。

magic_mouse_2_beauty_apple-100621515-orig-590x330

Design before function: Apple Magic Mouse 2 can’t be used while charging

http://www.geek.com/apple/design-before-function-apple-magic-mouse-2-cant-be-used-while-charging-1636939/

スポンサーリンク

AppleMagicMouse2の意外な欠点

Apple は先進的なデザインの電子機器を作り出すことで高い評価を得ている世界的企業ですが、時にデザイン重視で使い勝手が犠牲になる事があります。昨年の曲がる iPhone などはその好例でしょう。

初代 Magic Mouse は底に単三電池を入れるフタがありました。自社の充電池の生産は既にストップしているとはいえ、スマートフォンに完全内蔵型電池をもたらした企業にしては、ずいぶんと不格好なものでした。しかしその不格好さ故、電池が切れたときにはすぐに新しい電池と取りければそれで済みました。しかし新しい Magic Mouse 2 ではそうはいきません。

デザインが一新され、充電中には使えなくなってしまったのです。

magic_mouse_2_charging-590x330

ワイヤレスデバイスには珍しく、Magic Mouse 2 は完全内蔵型電池が搭載されています。充電用のポートは底面にあり、普段の使用中は見えないようになっています。ですが充電中はマウスをひっくり返しておくことになるので、充電中はマウスを使用できないのです。こちらの動画でもひっくり返して充電しています。

スポンサーリンク