ASUSとGoogleがChromebitを85ドルで発売。あらゆるモニターをコンピュータに!

今年の5月、ASUSGoogle が発表した ChromeOS 製品たち。タブレットのように折り畳むことのできる YOGA シリーズにも似た「Chromebook」や、あらゆる HDMI モニターやテレビをコンピュータに変えることのできる「Chromebit」と呼ばれるドングル。

そして現在、話題のスティックPC「Chromebit」の発売が目前に迫ってきているようです。

ASUS and Google launch $85 Chromebit that turns any monitor into a computer

http://phandroid.com/2015/11/17/asus-chromebit-price-release/

ASUS_Chromebit-Chromestick_V1

スポンサーリンク

Chromebit の値段と販売地域

ASUS、Google によるとお値段は85ドル。正確な発売日は未発表ですが、発売される国はわかっています。アメリカ、オーストラリア、カナダ、デンマーク、フィンランド、ニュージーランド、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、台湾、イギリス、そして日本です。

最小限にして十分なスペック

Chromebit はデスクトップをはじめとするこれまでの PC に比べ、パフォーマンスで劣るというのは致し方ないことと納得できるところですが、それでも Chrome OS の性能を引き出すには十分です。これは Chrome OS 自体が、あまりスペックを要求しない軽量のウェブアプリを好むからです。以下にスペック等を列挙します。

・Rockchip RK3288-C、Mali T764 graphics

・16GB ストレージ、2GB RAM

・Dual-band 2×2 WiFi AC

・HDMI-out, 1x USB 2.0, Bluetooth 4.0 LE

・123 x 31 x 17mm

・75g

どのような人向けの商品か

Chromebit は外部電源につなぐ必要があります。ASUS は壁のコンセントから電源を取る方式を採用し、USB ポートをふさがなくても良いようにしました。とても軽量かつ小型で持ち運びもしやすいので、あまりパソコンを使ったことのない人のエントリーモデルに最適でしょう。85ドルという値段も、これからのプレゼントシーズンに最適です。あるいは話題作りのために買われる方もいるのではないでしょうか。

スティックPCのおすすめを比較して紹介しているので参考にしてみてください

関連

超小型スティックPCのレビューをまとめて比較!使い方とおすすめを紹介

スポンサーリンク