新技術!包帯が傷口から雑菌を引っぺがす!

科学者たちは、傷口から雑菌を吸い出す仕組みを発見したようです。よくけがをする人にとっては大きな進歩ですね。

New bandage rips bacteria right out of your wound

http://www.geek.com/science/new-bandage-helps-prevent-bacteria-infection-1633590/

cover-image-bacteria-bandage-590x330

擦り傷刺し傷に雑菌を抑えるために使う軟膏や、他の雑菌の侵入を防ぐための包帯などは既にありますが、この新素材は1つで全ての役目をこなせます。それは特定のクリームを傷口に塗り込むのではなく、雑菌を引っぺがすものです。

この研究はオーストラリアのスインバーン大学で行われ、様々なタイプの雑菌に大して行われました。この包帯はポリマーフィラメントで出来ており、メッシュになるように織られています。それゆえ雑菌がフィラメントに引っ付くのです。理論上、包帯を外すと雑菌も一緒取り除けるのです。

今回は黄色ブドウ球菌と大腸菌で実験しました。大腸菌は、自分より小さなフィラメントには結合しませんでした。一方でブドウ球菌の場合、菌はすぐにフィラメントに結合しました。フィラメントを違う素材でコーティングしたところ、大腸菌はアリルアミンでコーティングした場合は良く結合したのですが、アクリル酸でコーティングしたときはくっつかなかったそうです。研究はイギリスのシェフィールド大学の皮膚成長を研究している研究室との共同で進められています。この皮膚はやけどの患者に対して使われているものです。研究結果はまだ発表されていませんが、研究チームは、同様の効果は人に使っても起こるだろうと考えています。

もちろん、人で研究するには被験者にちゃんと説明をして納得の上で臨んでもらう必要がありますし、今のところこれは守られています。今回の発見は世界中のお母さんたちにとってだけでなく、救急医療体制が整っていない国やトリアージセンター、災害や戦争の真っただ中にいる人にとっても大変助かるものでしょう。

スポンサーリンク