D-Linkが初のMU-MIMO搭載の無線LANルーターDIR-885L/Rを発表

ネットワーク製品製造販売のトップベンダーD-Linkは ASUSのRT-AC88U の発表に対して、新製品RTデュアルバン対応AC3150 Ultra Wi-Fi ACRT-AC88Uを発表しました。

このルーターは ASUS製品と同じ無線LAN仕様で、同時に複数の機器に通信可能なMU-MIMOを搭載しています。

dir-885-l-r-side-right

スポンサーリンク

進化するMU-MIMO

MU-MIMOはマルチユーザーMIMOの意味で、よりよい効率性を追求する新しいWi-Fi技術で、グレードの異なる複数のWi-Fiクライアントへの超高速接続を可能にしています。

通常は、端末1台にたいして1:1で通信するため、端末ごとに少しタイムラグが発生します。そのため通信速度が遅く感じてしまいます。これはスマホやタブレットなどのアンテナ数が少ない端末にはあまり活かされませんでした。

MU-MIMOは、1:1ではなく同時に複数の端末の接続を可能にしたものです。同時に同じ周波数で複数の端末へ送信出来るので、タイムラグがなくなり、高速通信を実現できるのです。

MU-MIMO

斬新なデザインの次世代ルーター

DIR-885L/Rは、5GHzで2167Mbpsそして、2.4GHzで1000 Mbpとデュアル対応で、超最高速度を誇ります。カラーは赤で、斬新なデザインです。従来の6本のアンテナにかわり、4本のアンテナを使用しています。
新しいディリンクのルーターは、ASUSのRTAC88Uと同様のハードウエア仕様で、ランポートは、ASUS製品は8個、ディリンクは4個でUSBポートは1台搭載しています。

D-Link のDIR-885L/Rは、ASUSRT-AC88Uと同じで標準小売価格280$です。

スポンサーリンク