iPhone SEの耐久性は6s以下?6/6 Plusとの比較は

この記事をSNSでシェアしよう!

SquareTrade-iPhone-SE-Bend-800x400

スポンサーリンク

アメリカの保証サービス会社がiPhone seは6sよりも脆いと発表

4インチという小型ディスプレイを搭載し、新規のiPhoneユーザーにも人気のあるiPhone SE

この機種は前年度モデルであるiPhone 6sシリーズに肉薄する性能を持つ優秀なモデルですが、ある保証サービス会社の行った耐久試験によると、耐久性の面では6sに劣るという結果が出ました。

この試験を行ったのはアメリカの保証サービス会社「SquareTrade社」です。

SquareTrade社はiPhone SE、6s、6s Plusを用意し、それぞれを曲げる落とす転がし続ける水に沈めるといった試験を行いました。下の動画はその様子です。

曲がりやすい

SquareTrade社によると、iPhone 6sは77キログラムの力を加えた時点まで何ともなかった一方で、iPhone SEは72キログラムの段階ですでに曲がり始めていました。

さらに80キログラムまで強くするとiPhone SEはフレームがひしゃげて起動できなくなってしまったのに対し、iPhone 6s Plusはようやく曲がり始めたところでした。

水に弱い

水深約1.5メートルの深さに沈めた試験では、iPhone SEは水没後1分以内に画面が消え、再起動できなくなってしまいました。

「それに対し、iPhone 6sは30分間沈めておいても音が出なくなるだけで済みました」とSquareTrade社は報告しています。「iPhone 6s Plusのほうは、10分後に異常動作を始めました。実質的な破損ですね」

ディスプレイは同じくらいの耐久性

高さ約1.8メートルからディスプレイを下にして地面に落とすという試験も行われました。

この試験に限って言えば、iPhone SE、6s、6s Plusの3機種全てでディスプレイにひびが入り、機種間での差はなかったとのことです。

ですが角を下にして落とした場合、iPhone SEは10回落とした時点でフレームが変形してディスプレイとの間が空いてしまいました。

対照的に、6s/6s Plusは10回落としても塗装が少し剥がれただけでした。

転がし続けた場合でも機種間での差は見られず、落下に関しては遜色ない耐久性と言えそうです。

Bendgateよりは格段に丈夫

今回の耐久試験では残念な結果に終わってしまったiPhone SEですが、ユーザーの中には予想通りだという声も上がっています。

というのも、2年前にiPhone SEの先行機種であるiPhone 5sも同様の耐久試験を受けているのですが、その時もやはりiPhone 5sは耐久性に難ありとされていたのです。

曲がりやすいiPhoneと聞くと、どうしても「Bendgate」と揶揄されたiPhone 6/6 Plusを思い出さずにはいられません。

これらの機種の耐久性はどうだったのかというと、iPhone 6は32キログラム6 Plusは41キログラムで曲がり始めるというものでした(ちなみに日本の男子高校生の平均握力が約42キログラムです)。

数字で言えばiPhone SEはBendgate機種よりも2倍の耐久性を持つということですね。

実際に使用する分には問題にはならない程度だとは思いますが、精密機械であるiPhoneは丁寧に扱うに越したことはありませんね。

Via: MacRumors

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアしよう!