バングラデシュ発!電気を使わないエコ・ク-ラー

eco_cooler_01

スポンサーリンク

電力を使わないエコ・クーラー

エアコンは買う時も買ってからも非常にコストのかかる機械です。

かと言ってエアコンを切ると、それはそれで大問題になります。

毎年夏に家の中で熱中症にかかり、救急車で運ばれる事故が絶えない日本において、エアコンはもはや必須の家電と言えるのではないでしょうか。

この金食い虫のエアコンですが、南アジアの国、バングラデシュで電力を使わないエコ・クーラーが発明されました。

エコ・クーラーの材料は板とペットボトル

このエコ・クーラーは電力を使わないだけでなく、リサイクル品から作られています。

こう聞くとなんと素晴らしい、本当にそんなものが存在するのかと耳を疑ってしまいますが、本国バングラデシュでは着実に普及しつつあります。

これは、バングラデシュの人口の70%が電気の無い、ブリキ板を組み合わせた質素な小屋で生活していることと無関係ではないでしょう。
上の動画で実際の作り方を解説しています。

その作り方ですが、まずは板を窓の大きさにカットします。板の材質は何でも構いませんが、穴を開けられる程度の硬さのものを選びます。

板をカットしたら、次にペットボトルの口が入るくらいの大きさの穴を何十個も開けていきます。間隔はある程度開けましょう。

次に、大量のペットボトルを集めてきて、下半分を切り落とします

そしてペットボトルの口を先ほどの板に開けた穴に差し込んでき、全ての穴に取り付けます。キャップをしてペットボトルが外れないようにします。

あとはこれを窓に据え付けて、内側からキャップを外していきます。

するとそれまでは45℃もあった室内の気温が、35℃にまで下がっていました。

息を吐く強さで温度が変わる原理を応用

eco_cooler_02-625x350

この仕組みは、息を吐き出す時に口を大きく広げて「はぁっ」と吐くか、口をすぼめて「ふぅ!」と吹くかで温度が変わるのと同じ原理が使われています。

屋内側の大きな口から入って来た熱い空気がペットボトルの口の部分で圧縮され、勢いよく噴き出すことで屋内側に冷たい空気が入り込むというわけです。

部屋や窓の大きさや家の日当たりによってどれだけ冷えるかはバラつきがありますが、最低でも5℃は気温低下が期待できるそうです。

それほど大きな効果は無いように思えるかもしれませんが、夏には45℃にもなる過酷な環境では段違いの体感効果を期待できます。

また、単純にこのエコ・クーラーを設置する窓を増やせば、冷却効果の向上も見込めるでしょう。

Via: Geek.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク