Facebook ユーザーからの抗議を受け、「本名」に関する取扱いポリシーを変更

 Facebook はこのたび、たびたび批判を受けている「本名」の取り扱いポリシーの項目を変更すると発表しました。

Facebook changes ‘Real Name’ policy rules after public outcry

http://www.engadget.com/2015/10/30/facebook-changes-real-name-policy-rules-after-public-outcry/

165538672

現在はニックネームではなく、「正式な本名」を使うようにユーザーに求めています。ですがネイティブ・アメリカン・コミュニティーなどは、悪質なユーザーによって嫌がらせの手段として用いられているとして、繰り返し抗議を行ってきました。今回の発表は、EFFACLU といった権利擁護団体の作成した公開質問状を受けてのものです。

これを受け、Facebook は二点大幅な変更を行う予定です。

スポンサーリンク

アカウントを作成するときに二つ目の名前を使用する理由を説明すれば、通称名の仕様を認める

Facebook の Alex Schultz VP は今回の発表でこのように記しています。

「こうすることで、当社のコミュニティー事業チームは状況をより良く理解できるはずです。なぜ人々が自分の名前を簡単に公表できないか。この理由を理解するのにも役立つでしょうし、将来的に当社が取るべき方策も見えてくると思います。」

ユーザーに対し、他のユーザーが本名以外を使っていると通報報告する際に、これまでよりも詳しい詳細や情報の提出を求める

Facebook は、この追加作業が必要になる事で、これは本人が隠している本名の公開を他人が強制したり、勝手にアカウントを閉鎖するといった、悪質な行為を防ぐためと説明しています。

こういった変更を行うにも関わらず、Facebook は本名認証を撤廃するつもりはないとのことです。Schultz VP が言うには、オンライン上での発現などに名前をつけることで、より発言についての責任を負うことになるとしています。今回の変更は、今年の12月に開始の予定です。

スポンサーリンク