Foxconnの従業員がiPhone 7 Plusに搭載されると噂の「デュアルレンズカメラ」が見送りになるかもしれないと報告

iphone-7-plus-hajek

スポンサーリンク

Foxconnの従業員がiPhone 7 Plusのある機能がオミットされると報告

iPhone 7のデザインがiPhone 6sとよく似たものになるというのは、iPhone 7の情報に興味をお持ちの方ならご存じかと思います。

とはいえ変更点として挙げられる点も多く、たとえば背面のアンテナデザインの変更ホームボタンのタッチセンサー式への変更3.5ミリメートルヘッドフォンジャックの廃止新しいカメラなどです。

しかしながら、先日シャープを買収したことでも知られる台湾の企業グループ「Foxconn」によると、iPhone 7に待ち望まれていたある機能が、今回は導入見送りになったそうです。

Foxconnによって報告された「ある機能」とは、iPhone 7 Plusに搭載予定となっていた「デュアルカメラ機能」です。

原因は「技術が追い付かなかったため」とされていますが、具体的にどのような問題が解決できなかったのか、そもそもこの情報が本当なのかも定かではありません。

iphone-7-dual-cameras-rumor

iPhone 7 Plusに関する噂の多くでデュアルカメラが搭載されるとされており、これまでにない新機能を実現すると思われています。

実現すれば、iPhone 7シリーズの一番の目玉となることは十分にあり得るほどです。

デュアルカメラ見送りはSonyが製品の数を揃えられなかったことが原因?

当初の報道によると、iPhone 7 Plusの中でもデュアルレンズカメラを備えているのは限られた数のものだけになるとのことでした。

その後アップルの内部関係者を名乗る人物が、アップルは全てのiPhone 7 plusにデュアルレンズカメラを搭載するだけの供給を確保していると発言しています。

後になって出てきた報告では、カメラレンズの供給元であるSonyが、アップルの希望した通りの数を揃えられない可能性が出てきたためと言われています。

これはもちろん、先日起きた熊本の地震の影響です。

スポンサーリンク