富士通がPC部門を独立させ「富士通クライアントコンピューティング株式会社」を創立

SonyがPC部門を独立させてVAIOを立ち上げたのと同様、今回は富士通のPC部門が子会社として独立しました。VAIO、富士通、そして東芝を加えた合弁企業設立に向けた牽制含みの動きと見られています。

Fujitsu spins out its PC and mobile divisions

http://www.engadget.com/2015/12/24/fujitsu-spins-out-pc-division/

Toshiba_Vaio_Fujitsu_Merger

スポンサーリンク

富士通のPC部門が独立し「富士通クライアントコンピューティング株式会社」を設立

昨年SonyがPC部門を独立させ、VAIOという企業を立ち上げたのは記憶に新しいと思います。そして富士通も2016年に同様の手段を取ることが正式に発表されました。富士通はラップトップ、デスクトップ部門を独立させ、完全所有子会社である「富士通クライアントコンピューティング株式会社」を2016年2月1日に立ち上げます。さらに携帯電話事業部門についても同様に独立させ、「富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社」を立ち上げます。

PSや携帯電話はコモディティ化が進み、差別化を図ることが難しくなっています。PC産業は死んだと言われる所以です。そして今では6,000円でそれなりにまともなモバイルデバイスであるFire HD6を購入できる時代であることも考えると、富士通にとってこの業種を抱える事の利益がほとんどないのです。

富士通、東芝、VAIOのPC事業統合に向けた牽制の可能性

この話にはそれ以外の面もあります。つまり、富士通、東芝、VAIOのPC事業の統合です。12月の初め、東芝と富士通がPC事業を独立させてVAIOに統合するという話が出ていました。今回の富士通の動きは、他の2社よりも早めに統合プロセスを開始したと言えます。あるいは斜に構えた見方をすれば、東芝もVAIOもなしで単独でやっていく自信があるかのどちらかでしょう。

スポンサーリンク