前輪を取り替えて今使っている自転車を電動自転車にするGeoOrbital

GeoOrbital_on_Bike_4_web

スポンサーリンク

タイヤを入れ替えるだけで今使っている自転車が電動自転車に

電動アシスト自転車が発売されてからすでに10年以上。

潜在的なニーズはあるはずなのに、いまいち普及していませんね。

電動アシスト自転車が普及しない理由の一つに、それまで乗っていた自転車とは別のものに乗り換える必要があることが挙げられるかと思います。

今乗っている自転車はまだまだ乗れるし、買い替えなくてもいいかと考えてしまうのです。

この点を解決した、新しい電動アシスト自転車がKickstarterプロジェクトに登場しました。

この新しい電動自転車の名前は「GeoOrbital」といい、自転車の前輪と取り替えることでお使いの自転車を電動自転車にしてしまう優れものです。

日本国内のタイヤの規格にも適応

GeoOrbitalの開発者は以前にSpaceXFordに勤めていました。

ともに従来の移動・輸送手段に革新をもたらす企業であり、このときの精神がGeoOrbitalの開発につながっています。

GeoOrbitalは自転車の前輪と入れ替えますが、対応しているタイヤの規格としては26インチ、あるいは700C(28/29インチ)になります

これは世界共通規格ですので日本国内の自転車タイヤもこれに準拠しています

タイヤの側面にロゴが書かれていますが、わからない場合は最寄りの自転車屋さんに持って行っても教えてくれるでしょう。

また、特許を取得した発泡タイヤを使っていますので、パンクしてもペシャンコになってしまうことがありません。

実際の速度や稼働時間が気になるところですが、開発者によると最大速度は時速32キロメートル走行距離は最長80キロメートルとのことです。

電池にはリチウムイオン・バッテリーを採用し、搭載されたUSBポートを介して、走行中にスマートフォンなどを充電することができます

また、ペダルをこぐ、ブレーキをかける、坂を下るといったことで再充電することもできます。

重さやお値段は

さて、当然ながらGeoOrbitalにも避けられない欠点があります。

それは通常のタイヤに比べて非常に重いことです。

普通は1.4~2.7キログラムほどなのに対し、GeoOrbitalは規格によって5~7.7キログラムと約3倍の重さになっています

平坦な道が多い場合、かえって大変そうですね。

GeoOrbitalはKickstarterのプロジェクトで、お値段は本来1台950ドルのところを、今なら1台650ドル(32%OFF)で事前予約を受け付けています

商品の発送は11月になるとのことです。

Via: Engadget

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク