『ハウルの動く城』が『となりのトトロ』や『千と千尋の神隠し』も同梱されてVRに登場!

この記事をSNSでシェアしよう!

howls-moving-castle-redofpaw

スポンサーリンク

ハウルの動く城をVR技術で体感せよ

2004年公開のスタジオジブリの映画『ハウルの動く城』。

高原の上をのっしのっしと歩くハウルの城を見て、下から見上げてみたいと思った方も多いのではないでしょうか。

VRのヘッドセットが一般家庭向けにも販売された今、12年の時を超えてハウルの世界に入る込むことができるようになりました。

このシーンの開発を行ったのはNick Pittom氏というデベロッパーで、これまでにも『となりのトトロ』や『千と千尋の神隠し』を題材にしたVR作品を開発しています。

Oculus RiftかHTC Viveでジブリの世界へ

ハウルの動く城を題材としたシーンのタイトルは「草原(The Meadow)」。

草原を歩くハウルの城や、空を飛ぶユニークな飛行船が登場します。

現在はVRコンテンツを取り扱うウェブサイト「WEARVR」のVRコンテンツのコーナーに「Ghibli VR Demos」の名前で登録されており、Oculus RiftHTC Viveをお持ちの方なら無料でダウンロードできます。

Ghibli VR DemosにはPittom氏が過去に開発したジブリ映画のシーンも同梱されており、トトロと一緒にバスを待つシーンや、釜爺のボイラー室に千尋が初めて入ったシーンを体験することができます。

個人的にはキキのデッキブラシに跨ってあの街を飛び、映画みたいに警官に怒られてみたいものです。

Via: Engadget

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアしよう!