東大が「ほぼ破壊不可能なガラス」を開発。割れないスマホができるか。

鋼鉄のように硬い割れないガラス。日本の研究者が、そんな常識外れのガラスを発明しました。

1498488639723891010

このガラスが大量生産できるようになれば、窓ガラスの新時代が到来します。そしてタブレットや PC、スマートフォンのスクリーンなどにも応用できるでしょう。

今月初め、東京大学生産技術研究所の研究チームによる、このガラスの論文が Nature グループの学術雑誌「Scientific Reports」に掲載されました。

誰でも論文をダウンロードできますので、興味のある方はリンク先へどうぞ。

「五年以内にこの技術を商業化しようと考えています。」東京大学生産技術研究所 物質・環境系部門 井上研究室増野敦信 助教は、取材に対しこう答えています。

スポンサーリンク

硬さの秘密

この超硬ガラスには秘密の材料があります。

アルミニウム酸化物。通称「アルミナ」と呼ばれる物質です。

アルミニウム酸化物(Al­2O3)とタンタル酸化物(Ta2O5)を混ぜ合わせると、とても丈夫なガラスを生成する事が出来るようになったのです(リンク先はAl­2O3と二酸化ケイ素(SiO2)となっていますが、論文ではTa2O5です)。

問題点と解決策

問題は、過去に大量のアルミナを扱おうとすると、コンテナーに触れるとすぐに結晶化してしまうという点でした。

そこで、東大の研究チームはコンテナーを使わない合成法を編み出しました。固体のコンテナーではなく、ガスを使うことにしたのです。

そしてその結果、アルミナ含有率50%を達成し、弾性率は鋼鉄にも匹敵する値を示しました。

様々なものに応用できると考えられます。ガスを使って作られたこの超硬ガラスはとても薄く、軽く、そして光学的性質も素晴らしいのです。

(追記)iPhone9のタッチパネルに採用される…かもしれない?

これはまだ噂の段階ですが、「5年以内に商業化を目指す」という発言から、もし五年後に商業化されればiPhone9のタッチパネルに採用されるんじゃないか…

という噂というか期待が一部で高まっているようです。

ただ、Appleは独自の技術を使ったひび割れないディスプレイを作っているらしいですが…もし本当に採用されたら快挙ですね。

(gizmodo.com)

関連記事:

AppleがiPhoneが落下した時に自動でバンパーが飛び出して保護する機能開発中

3Dタッチをフル活用した重量測定アプリはAppleが認可してくれない模様

【必読!】Kindleで読める科学・コンピュータ・IT系のおすすめ本30選

スポンサーリンク