Google Chromeが「騙し広告」撲滅を開始 「騙し広告あり」の警告ページが実装される

googlewarning-100643243-large

スポンサーリンク

Chromeにワンクッションが追加

先日Googleは、Chromeが移動先のウェブページにダウンロードボタンと紛らわしい広告が掲載されているのを検知した場合、警告ページを挟むようにする機能を実装すると発表しました。この警告ページはGoogleが11月に公開したソーシャル・エンジニアリング・ポリシーに則って表示されます。

Download、Updateと書かれた広告が対象

今回対象になるような紛らわしい広告はフリーのソフトウェアを探している時などによく目にしますが、大抵はパッと見ではわからないくらい違和感なく挿入されています。注意してかからないと「Download」や「Update」の表示がソフトのダウンロード開始ボタンなのか、ただの広告なのかわかりません。

この手の騙し広告にユーザーが引っかかるのを防ぐため、Googleは近々、記事の上の方の画像のような真っ赤な警告ページを表示して注意を促す機能を実装します。騙し広告があることを認識した上でそのウェブページに進むことはできますが、このページは信用ならないとして引き返す事ができるようになるとお考え下さい

Googleがより良いネットのユーザー体験のために本腰を入れて活動開始

警告機能がChromeに導入されることで騙し広告を使っているウェブサイトがどれほどの影響を受けるかは未知数ですが、快適なユーザー体験に向けて望ましい方向に行くことは確かでしょう。長らくこの手の騙し広告にたいする罰則やペナルティはありませんでしたが、ついにGoogleが総力を挙げて潰しにかかると見てよいでしょう。このほかの対策としてGoogleは、他のプログラムのインストールに勝手に紛れ込んだり、勝手にホームページ設定を変えたりするようなプログラムに対して警告を出しています。

Via: Macworld

スポンサーリンク