新型GoogleGlassは片眼鏡タイプに!Googleの特許から明らかに。

さしずめ、グーグルモノクルとでも呼びましょうか。モノクルとは、アルセーヌ・ルパンのかけているような、片眼にかけるタイプの眼鏡のことです。

The New Google Glass Could Look Like A Monocle

http://techcrunch.com/2015/11/27/the-new-google-glass-could-look-like-a-monocle/?ncid=rss

google-glass-monocle

スポンサーリンク

Google が新型 Google Glass の特許を取得

米国特許商標庁が Google の新型 Google Glass の特許(注リンク先PDFファイル)を承認しました。もはや普通の眼鏡のように両目にかける必要はありません。これからの Google Glass は見た目にも美しい、頭部を覆う形のモノクル型になるのです。

こちらがその特許の要旨です。

「バンドはユーザーの手で形を調整でき、一点目はこめかみ、二点目はこめかみ近傍の耳の付近、三点目は後頭部で固定する事が出来る」

技術以外の問題点

一度形を決めれば、その形が維持されます。問題は、Google Glass という商品がもう一度市場に姿を現すのかという点です。Google は去る1月に Google Glass の販売を停止しています。Google Glass には再出発が必要というのがその理由の様です。3月には企業顧客を相手に販売が再開されているという話も出てきました。

しかしこれ以外の Google Glass 関連の情報は出てきていません。実際にソフトやハードの開発を続けているのかも不明です。ですが、今回の特許の存在を考えると、まだ死んではいないのではないかと思えます。一度撤退を余儀なくされた Google Glass。今度はどのような戦略で市場に挑むのでしょか。

screen-shot-2015-11-27-at-13-46-38

スポンサーリンク