Google I/OにAndroid Wear 2.0が登場

この記事をSNSでシェアしよう!

android-wear-colorful-generic-630x348

スポンサーリンク

Google I/OでAndroid Wear 2.0が公開

声で家電を操作できる「Google Home」、文脈を読み取るAI「Assistant」、そのAssistantをチャットに割り込ませたり簡単な自動返信ッセージを作ったりできるチャットアプリ「Allo」、高品質ビデオチャットアプリ「Duo」。

現在開催されているGoogle I/Oで発表された次世代ツールはどれもこれも魅力的なものばかりですが、これらに加えてAndroid Wear 2.0もお披露目となりました

実装された新機能

Android Wear 2.0ではいくつかのカギとなるアップデートが実装されました。中でも一番大きいのは、AndroidデバイスにペアリングしなくてもAndroid Wear単独でWi-FiやBluetooth、モバイル通信機能を使ってインターネットにアクセスできるようになったという点でしょう。

つまり、Android wear単体でフルに機能を使えるようになったのです。

新UIが実装され、通知アプリランチャーが新しくなっている他、新しいウォッチフェイスカラーパレットが追加され、円形ウォッチフェイスの拡充も図られています。

文字入力に関しては、スワイプキーボードと手書き入力が実装され、これまでの定型文を送信する方式と決別して自由に文章を送れるようになりました。

その他いろいろな変更点が実装されましたが、記事下部に載せておきました解説動画をご覧いただくのが一番早いかと思います。

次世代のウェアラブル端末の機能をどうぞご覧ください。
Via: Android and Me

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアしよう!