Googleのトップページロゴがスコヴィル値の生みの親ウィルバー・スコヴィルを記念したゲームに

2016年1月22日。

Googleのトップページを開くと

スクリーンショット 2016-01-22 00.48.49

なにやら大量の唐辛子とそれをつまむ研究者の姿が。

遊びたい方はこちら
https://www.google.com/doodles/wilbur-scovilles-151st-birthday

スポンサーリンク

ウィルバー・スコヴィル生誕151周年

彼こそが唐辛子の辛さを表す指数であるスコヴィル値の生みの親である、ウィルバー・スコヴィル。

 ウィルバー・スコヴィル(Wilbur Scoville、1865年1月22日‐1942年)は、アメリカ合衆国の薬剤師で、現在はスコヴィル値として標準化されているスコヴィル味覚テストを考案したことでよく知られている。彼は1912年、パーク・デービス製薬会社で、様々なトウガラシの辛さを測定する方法を研究していた際に、このテストと単位を考案した。

スコヴィル値とはトウガラシの辛さを辛さのもとであるカプサイシンの量から決める値で、

辛みを感じなくなるまで砂糖水で薄めた時の希釈倍率と定義されているそう。

プレイボタンをクリックすると…

スクリーンショット 2016-01-22 00.48.54

ピーマンを食べたあとにアイスクリームを舐めるスコヴィル氏。砂糖水で希釈するというスコヴィル値の測定法にならっているわけですね。

そしてなにやらゲームが始まります。

スクリーンショット 2016-01-22 00.49.39

タイミングよくクリックすると…

スクリーンショット 2016-01-22 01.00.25

スコヴィル値0のピーマンを倒しました。

倒していくとハラペーニョなどのより辛い唐辛子が次々と現れます。スクリーンショット 2016-01-22 01.04.09

スクリーンショット 2016-01-22 01.05.06 スクリーンショット 2016-01-22 01.05.15 スクリーンショット 2016-01-22 01.05.31

ブート・ジョロキアは世界で初めてスコヴィル値が100万を超えた唐辛子として有名ですね。スクリーンショット 2016-01-22 01.05.53

ラスボスはスコヴィル値200万越えのトリニダードモルガスコーピオン。

ちなみにすべての唐辛子を倒すと激辛モードなるものが遊べるそうですよ、ぜひチャレンジしてみてください

関連

今日のGoogleのトップロゴは「ジョン・ロジー・ベアード」テレビ発明90周年を記念

2016年2月8日のGoogleトップロゴはドミトリ メンデレーエフ生誕182周年を記念

スポンサーリンク