ノートパソコンの内蔵HDD(ハードディスク)の交換とデータの移行方法

ノートパソコンの内蔵ハードディスクを交換したことはありますか?ノートパソコンはデスクトップ型パソコンに比べてパーツの交換や増設が難しいと思われがちですが、ハードディスクの交換に関しては案外難しく無いんです。

  • 「最近ノートパソコンの内蔵HDDの空き容量が足りなくて困っている」
  • 「SSDに換装して高速化したい」

といった方は、ぜひ参考にして内蔵ハードディスクを交換してみてください。

ノートパソコンのハードディスクを交換する場合、ひっくり返した裏面に幾つかネジ止めがされているはずですので、それを外して作業することになります。

機種によってどこにハードディスクが収納されているかは多少異なりますが、基本的に取り外しやすい場所に収納されているはずです。なぜなら基本的にハードディスクは交換を前提に作られている場合が多いからです。

ただし、Macbookなどの一部のノートパソコンは簡単に分解やパーツの交換ができないような作りになっているので注意が必要です。

まずは自分のパソコンを引っくり返して分解できそうはネジがついているかどうか確認してみてください。一般的なドライバーで外せそうなネジがついていればオッケーです。

また、今回使用するOSはWindowsを想定しています。この記事を上から読んでいってその通りに作業すれば良いように詳しく説明しますのでぜひ難しく思わずにやってみましょう。

また、今回は性能向上のための交換を想定しています。HDDの故障などによりWindowsが正常に機能しない場合やデータが完全に壊れている場合などは、データ移行ができない可能性があります。

スポンサーリンク

HDD交換に準備するもの

まずはじめに内蔵ハードディスクを交換するにあたって必要なものを列記します。

  • 自分のパソコンに対応した規格のHDDまたはSSD
  • HDDケース
  • データ移行ソフト
  • プラスドライバー

これだけ見てもわかりにくいので順番に詳しく解説していきます。

自分のパソコンに対応した規格のハードディスク

ハードディスクを交換するといっても、そのへんで適当なHDDを買ってきて交換するという訳にはいきません。かならず作業を始める前に自分が使っているノートパソコンに内蔵されているハードディスクの規格を調べておきましょう。

Windows7の場合

  1. コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→デバイスマネージャと開きます
  2. ディスクドライブを探してクリック→HDD名をダブルクリックするとHDDの名前が出てきます。

コントロールパネルを開きます

ハードウェアとサウンドをクリックします。

デバイスマネージャをクリックします。この時管理者権限の確認画面が出てきた場合はパスワードを入力します。

この画面が出たらディスクドライブを選択すると現在使用しているハードディスクの名前を見ることができます。

Windows8以降の場合

  1. 「Windowsキー」を押しながら「X」キーを押します
  2. 画面左下に表示された一覧から「デバイスマネージャー」をクリックすると、デバイスマネージャーが表示されます。
  3. ディスクドライブを探してクリック→HDD名をダブルクリック

スポンサーリンク