ノートパソコンの内蔵HDD(ハードディスク)の交換とデータの移行方法

するとHDDの名前が出てきます。

HDDの名前が分かったらその名前をそのままコピー&ペーストしてGoogleなどで検索しましょう。

ハードディスクの規格

仮に「HTS545050A7E380」と出てきたとしましょう。

すると検索すれば

  • ノートパソコン用 2.5インチ 内蔵ハードディスク
  • インターフェイス:SATA 3.0Gbps
  • 容量:500GB キャッシュ:8MB シークタイム:13ms 回転数:5400回転 厚さ:7mm

と言った情報が得られるはずです。

そうしたらサイズ接続規格厚さに着目してください。

サイズ

サイズとは簡単に言えばハードディスクの大きさのことでノートパソコン用のHDDは2.5インチ、デスクトップ用のHDDは3.5インチとなっています。今回はノートパソコン用のハードディスクを用意するため2.5インチのものを購入しましょう。

接続規格

ハードディスクの接続規格

  • Serial-ATA(SATA)
  • Ultra-ATA(IDE)

という二種類の規格がありますが、最近主流となっている規格はSATA規格となっています。

厚さ

  • 7mm厚
  • 9.5mm厚
  • 12.5mm厚

の3つが基本的に使われています。主に使われているのは9.5mm厚HDDです。薄型のノートパソコンの場合まれに7mm厚のハードディスクが使われていることもあります。

自分のパソコンの使用しているハードディスクと同じ厚さのものを購入しましょう。

ここまでで自分の使っているノートパソコンの内蔵ハードディスクの規格はわかりましたか?

スポンサーリンク

HDDか?SSDか?

今回ハードディスクを交換する目的はどういったものでしょうか。

スポンサーリンク