ノートパソコンの内蔵HDD(ハードディスク)の交換とデータの移行方法

するとディスクの管理というウィンドウが開くので、ウィンドウの下の方にあるハードディスク一覧から初期化を行うHDDを選び右クリックから「ディスクの初期化」を行います。

未フォーマットのHDDは「初期化されていません」と表示されていたり、未割り当てと表示されているので必ずこの表示がある方を選ぶようにしてください。
また、ハードディスクの容量を見ればどれがフォーマットするHDDなのかがわかります。
この時選ぶのは新しい方のHDDです。データの入ったものを初期化してしまうとデータが全て消えてしまうので注意してください。
ディスクの初期化ウィンドウが開いたらパーティションスタイルを選択して「OK」をクリックします。
パーティションスタイルの欄は、MBRと言うのはWindowsXPまで主に使われていた方式で、GPTとはWindowsVista以降に使われている方式です。
この時、新しく設定するコピー先のパーティションスタイルと古いコピー元のHDDのパーティションスタイルを同じ方式に合わせておく必要があります。違う方式でデータ移行を行うとエラーの原因になります。
古いHDDのパーティションスタイルを確認するためには一旦ディスクの管理画面に戻り、古いHDDの方を右クリックしプロパティを開きます。
この場合はMBR方式になっているので新しいHDD/SSDもMBR方式にしなければなりません。
正しく初期化ができるとディスクの管理の画面に戻るので、新しいハードディスクの状態が「オンライン」に変わっていることを確認して、「未割り当て」と書いてある場所で右クリックして「新しいシンプルボリューム」を選択します。
「新しいシンプルボリュームウィザード」というウィンドウが開くので「次へ」をクリックします。基本的に流れに沿って行けばフォーマット作業は終わります。
次にドライブ文字の割当をします。これはCドライブとかDドライブのCやDに当たるアルファベットの文字のことです。ドライブ文字を変更してしまうと、すでに存在しているドライブ文字を選んでしまって重複する可能性があるので基本的に何もいじらずに「次へ」を押して大丈夫です。
パーティションを複数作成したい場合はボリュームサイズを変更しますが、そうでない場合はここも初期値のまま「次へ」を押します。
クイックフォーマットを選択していないとハードディスクの容量によっては数時間から数十時間かかってしまうこともあるのでここではクイックフォーマットする」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。
「完了」を選択します。
フォーマットが完了すると「未割り当て」と表示されていた場所にボリュームという名前で新しいドライブにマウントされています。
これでドライブのフォーマットが完了したので、新しいHDDが認識されているかどうか確認してください。

HDD / SSD のクローン方法

ハードディスクのフォーマットが終わったら次に古いHDDから新しいHDD/SSDにすべてのデータをコピーするクローン化という作業を行っていきます。下準備として実行中のアプリケーションなどをなるべく終了させておきましょう。

「EaseUS Todo Backup Free」を起動します。

この時ライセンスの認証画面が出ると思いますが、今回は無料版ですべての作業を行っていくので「後で」をクリックします。

トップ画面が開いたらメニューの中から「クローン」を選んでクリックします。

スポンサーリンク