Hyperloop用ポッドのデザインコンペでMIT所属の学生が最優秀賞を獲得

c36cd97f07d44b03be835e9718367d79

スポンサーリンク

空気抵抗と摩擦をほぼ無くした超高速の移動手段「Hyperloop」

チューブの中をほぼ真空と言えるまで陰圧にし、磁力や圧縮空気で浮かべたポッドの通り道とすることでこれまでにない速度での移動を可能にする交通手段、通称「Hyperloop」。すでにカリフォルニア州にて実験に向けたチューブの建設に入っていますが、肝心のポッドはまだデザインすら決まっていない状態でした。ですがそれもすぐに正式決定されるでしょう。

世界中の学生を対象に、ポッドのデザインを募集した「SpaceXコンペ」が昨年開かれ、マサチューセッツ工科大学(MIT)の学生の案が最優秀賞に選ばれました。MITの研究チームがこの案を基にテスト用のポッドの建設に入る予定ですが、試験に入るのはこの案だけではなく、コンペで優勝を争った多くの有力デザインも同時に試験にかけられます。その数は最低でも22個に昇るとのことです。最低でもと書いたのはこれで全部と確定したわけではなく、更なる検討を続けた結果、試す価値ありと判断された案に関しては、10個くらいまでを目安に追加採用も在り得るとしているからです。

第2、第3回のコンペも?各企業の強みを活かしたコラボレーションで開発に取り組む

今回のコンペは「初めての」Hyperloopコンペと宣伝されたことから、2回目、3回目があるのではないかと期待されています。Hyperloopの技術はSpaceX社の創設者Elon Muskの考案したものですが、SpaceXは実現困難な部分の仕事を他の企業や研究所に委託し、自分は監督するという立場にあります。これはタダ乗りといったことではなく、各企業などの持つ強みを活かし合い、互いに協力するというコンセプトの下で結ばれた契約です。従来に比べて得意とする分野に注力できることから、全ての企業が大幅なコストダウンを図れるという利点を持っています。

Via: Engadget

スポンサーリンク