アイダ・ルイス生誕175年を記念したGoogleのトップロゴに!

2017年2月25日、今日のGoogleのトップロゴはアメリカの灯台守「アイダ・ルイス」の生誕175周年を記念して以下のように変更されています。

スポンサーリンク

アイダ・ルイスとは

アイダ・ルイス(1842年2月25日-1911年10月24日)とは、アメリカ史上最も有名な灯台守です。当時女性が専門職につくことがあまりなかったアメリカにおいて、様々な業績を残して有名人となった人物です。

灯台守(とうだいもり)というのは灯台の維持や管理を行う人のことです。

ロードアイランド州のニューポートに生まれたアイダは小さい頃からニューポートで一番泳ぐのがうまいと言われていました。

16歳の頃にライムロック灯台の灯台守だった父が発作のために倒れ、仕事を引き継ぐようになります。翌年、近隣の家族四人の船が転覆します。その時彼女は見事救出に成功します。

ニューポート市民により認められて、新しいボートを贈られたアイダは、以降独立記念日に車輪を付けたボートでパレードに参加しました。

その後灯台守としての活動が全国的に知られるようになり、1869年には第18代大統領のユリシーズ・S・グラントと副大統領のスカイラー・コルファックスがライムロック灯台を訪問しアイダにゴールドライフセービング勲章を授与しました。

今日のDoodle

二人の男性が歩いていると氷にヒビが入って、誤って海に落ちてしまいます。

灯台守のアイダ・ルイスはそれをライムロック灯台から見つけます。

ボートで救助に向かうアイダ・ルイス

ボードで救助活動を行います。

スポンサーリンク