IKEAのシュールなCMが中毒性が高すぎると海外で話題に

スウェーデン発祥で、ヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアなど世界中に進出している世界最大の家具販売店であるIKEA(イケア)

実はIKEAは今までも数々の話題をよぶCMを生んできたのですが、そのIKEAがまたやってくれました。IKEAの「Get Cheras to IKEA Cheras」というCMはマレーシアのIKEAが放映したCMでその映像のシュールさと音楽の中毒性で話題となっています。動画は以下からどうぞ

Get Cheras to IKEA Cheras – YouTube

独特のリズムで始まり、次々に現れるのはIKEAの商品らしき物たち

スクリーンショット 2015-11-02 01.23.50

謎の黄色い人たちが写っているのは気のせいでしょうか、リズムに合わせてIKEAのデスクライトが踊っています

スクリーンショット 2015-11-02 01.24.16

椅子も踊り出しました。なるほどIKEAの家具が踊っているようですね。どうしても家具よりも黒子の動きに目が行ってしまいます

スクリーンショット 2015-11-02 01.27.52

と思ったら今度は謎のニンジンが踊り出しました。

スクリーンショット 2015-11-02 01.25.05

更に謎のパンダが踊りだして、最後にIKEAのロゴが現れます。

スクリーンショット 2015-11-02 01.28.17

GET CHERAS to CHERASというフレーズが繰り返されて耳に残ります。チェラスとは地名で、「チェラスのIKEAに行け」という意味らしいです。

ネット上では「最高のCMだ」「自分の国でもこのCMを流してほしい」と言った賞賛の声が上がっています

スポンサーリンク