Instagramの表示フィードが「興味ある順」に変更

instagram-new-logo-100660561-large

スポンサーリンク

Instagramの表示フィードが変更に

現在、Instagramの画像表示は新着順になっていますが、どうやら今月中に表示順が変更されるようです。

Instagramが表示順に関するアルゴリズムを変更するというのは、実は3月には発表されていました。

新しい表示フィードでは、各ユーザーが興味を持ちやすい画像を解析して、それに当てはまる画像を優先的に表示する方法になります。

Instagramの調査によると、現在、ユーザーはフィード上に表示される画像の平均70%は見ないとの結果が出ていて、それだけ興味ない画像が表示されていることになります。

Instagramはこれを改善し、ユーザーが見たい画像をフィード上に表示するアルゴリズムの開発を行ってきました。

「新しい表示フィードが実装されれば、時差のある場所で行われたライブの画像も見逃すことが無くなります」とInstagramは時系列ではなく興味順に表示される、新しい表示フィードの利点を説明しています。「それに、どれだけ多くのアカウントをフォローしていたとしても、あなたの大切な友人の最新ポストも見逃すことはないでしょう」

アルゴリズムを用いたフィードはもはや常識

新着順ではなく、あるアルゴリズムに則ってフィードを表示する方式は、もはやSNSでは一般的な物になりました。

Facebookではすでに4年前からこの方式にしていますし、今年の始めにはTwitterも(反発は無いわけではありませんが)アルゴリズムを用いた表示フィードを導入しています。

3月に表示フィードの変更が発表されたとき、多くのInstagramユーザーは反対しました。

Instagramの公式ブログに寄せられたコメントからは、いまだに根強い反対意見があることが伺えますが、Instagramを所有するFacebookはすでに4年の経験を積んでおり、アルゴリズムの勘所などの扱いは世界トップレベルのクオリティでしょう。

Facebookスタイルの表示フィードがどれだけInstagramに翻訳されるか、それによってユーザーの使い方がどう変わるのか。Instagramも転換期に差し掛かっているのかもしれません。

Via: PCWorld

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク