iOS 9.3.1でナイトシフトモードと低電力モードを併用する新しい方法

この記事をSNSでシェアしよう!

night-shift-low-power-mode-again

スポンサーリンク

iOS 9.3.1で併用できなくなったナイトシフトと低電力モード

iOS 9.3で追加された新機能の一つに「ナイトシフト」機能があります

これはディスプレイから発せられるブルーライトの量を調節することで、目に優しく睡眠への影響もない表示を行う機能です。

光量の調節は手動でも行えますが、一度設定するとiPhoneの位置情報機能を使って割り出した日の出、日の入りの時刻に合わせて自動で調節してくれるという優れものです。

しかしアップルからiOS 9.3.1がリリースされた際、このナイトシフト機能を同時に使うことができなくなってしまいました

以前はSiriから起動する裏技があったのですが、それも最近のアップデートで不可能になりました。

手順

今回9to5Macが他の方法を発見しましたので、今回はその方法をお伝えします。

以下手順です。実際に成功している動画を記事最下部にも載せておきますので参考にしてください。

  1. 「設定」から低電力モードを有効化する
  2. Siriを起動してナイトシフトモードを起動するように言う
  3. Siriから「Night Shiftをオンにするには、低電力モードをオフにする必要があります。続けてもよろしいですか?」と言われるので「はい」と答え、Siriから返答がされる前に電源ボタンを押す
  4. Siriの確認音が聞こえたら成功

タイミングはなかなかシビアで少し練習が必要ですが、一度タイミングを掴んでしまえば簡単です。いずれはこの方法も修正されてしまうかもしれませんが、それまではこの方法をお使いください。

Via: 9to5Mac

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアしよう!