4インチ新型iPhone,iPhone7/7Plusの3機種が2016年に発売予定か

iPhone 6s が発売されてまだ六週間しか経っていませんが、既にユーザーの目は来年の iPhone 7 関連の情報に向けられているようです。そんな中、ちょっと目を引く情報が飛び込んできました。2016年に Apple がリリースするモデルは二種類ではなく、三種類になるらしいのです。

iPhone 7: Accurate Apple insider reveals three new models coming in 2016

http://bgr.com/2015/11/04/iphone-7-rumors-smaller-model/

iphone-6s1

スポンサーリンク

一つ目: 4インチディスプレイ搭載のiPhone

KGI証券所属のアナリスト Ming-Chi Kuo 氏は数々の Apple 製品の予想を的中させてきた実績の持ち主ですが、彼によると Appleは4インチディスプレイを搭載した iPhone モデルを 2016 年前半に発売することを計画中とのことです。新型 iPhone は iPhone 5s の発展型で、おそらくは 6s にも使われている A9 チップを搭載するだろうと思われます。現在販売されている 4 インチサイズの iPhone は、もう二年以上前にリリースされた 5s のみです。

なぜ iPhone 5s の発展型なのか

Kuo 氏は MacRumor 紙上で以下のように語っています。

「4 インチサイズの iPhone にはまだまだ需要がありますので、Apple はこの製品の新型機を出すことでしょう。iPhone 5s は 5c よりも人気がありますので、おそらくは 5s をアップグレードするでしょうね。私たちの予想では、新しい 4インチiPhone は 1H16 規格で大量生産されるでしょう。iOS9 や 次世代の iOS10 をスムーズに動かすため、A9 チップも使われることでしょう。」

小型機種が好きな人にとってはちょっと残念な予想も飛び込んできています。Kuo 氏は、iPhone 6/6s との差別化のため、新型 4インチ iPhone では 3DToutch を搭載しないだろうと予想しています。

二つ目/三つ目: iPhone7/7Plus

次期主力商品については、来年の iPhone7/7 Plus は確実でしょう。いまだ Apple の次世代 iPhone については多くは語られていませんが、Kuo 氏は 7/7 Plus の二機種には大型スクリーンと 3GB RAM が搭載されると予想しています。現行最新機の iPhone6s/6s Plus は 2GB RAM です。Apple が大容量 RAM を乗せない企業であることを考えると、これは非常に気になるところです。iPhone 7 が 3GB RAM を積むとなると、それなりの理由があるのでしょう。さらに、A10 チップの開発も在り得るとしています。

具体的な噂が出回るようになるにはまだあと数カ月はかかるでしょうが、ここ数週間のうちに注目すべきレポートが上がってきました。次世代 iPhone の厚さは 6~6.5 mm ほどになるという噂で、これが本当なら今までで一番薄い iPhone になります。ちなみに、iPhone 6 は 6.9 mm、6s は 7.1 mm です。デザインに関しては、Apple が新型機種をリリースするたびに改良を繰り返してきたことを考慮すると、全く新しいものになるのではないでしょうか。

他の噂と今後

他にも、バッテリー容量が大幅に改善されるとか、有機 EL ディスプレイ採用とか、眉唾物まで含めて数多くの噂が飛び交っています。さらに、日本語の Apple 関連情報サイト Macお宝鑑定団に九月に投稿された記事によると、新型 iPhone は完全防水・防塵機能付きでもあるらしいです。

最後に、最も面白い噂をご紹介しましょう。これはアメリカ独立系投資銀行 Piper Jaffray 所属のアナリスト Gene Munster 氏による予想ですが、次世代 iPhone はサファイアディスプレイを搭載し、八年間に渡って iPhone ユーザーと共にあったホームボタンが無くなるというものです。

Apple Insider によると、iPhone 7 以降のリリース周期を前倒しにするとの情報もあります。一体どれだけの予想が的中するかはわかりませんが、いずれにせよ面白いことになりそうです。

スポンサーリンク