プロセッサのメーカーによってiPhone 6s のバッテリーの持ちが違う

iPhone 6s に使われている A9 チップですが、2つの会社でこのチップを製造していることが明らかになりました。1つはサムスン、もう1つは Taiwan Semiconductor Manufacturing Co(TSMC)です。

iPhone 6s battery life may vary slightly depending who made the processor

http://www.engadget.com/2015/10/08/apple-iphone-6s-battery-life-processor-variations/

slide_0003+(1)

東アジアの2つの会社によって製造されているこのチップですが、どちらの会社によって製造されたかでデバイスのバッテリーの持ちが違うという報告が、このほど上がってきました。報告によると、同じ条件で比較した場合、 TSMC 製のデバイスの方が約2時間ほど長い時間稼働したとのことです。これに対し Apple は、この違いは些細なものであり、実際の使用に関しては問題ないとの公式見解を発表しました。

「どちらのメーカーが製造したものであれ、A9 チップは世界最先端のスマートフォンチップです。出荷するのは当社の厳しい基準をクリアしたチップのみで、デバイスの容量、色、モデルによらず素晴らしいパフォーマンスとバッテリーの持ちを実現しています。

報告にあった条件は、比較するためには理想的な、しかし実際の使用という観点からは非現実的な条件で行われたものです。CPU を全開で長時間使い続けるというのは、むしろ難しい。当社の検証データやお客様からのお声を勘案するに、実際のバッテリーの持ちの違いは2~3%程度です。」

2~3%というのは、確かに誤差レベルですね。Apple の見解としては、チップがどちらのメーカーによるものであるにせよ、バッテリーは仕様通りに持つということでしょう。それでももしあなたの iPhone 6s のバッテリーの持ちが悪かったら?ご安心ください。それはただの不良品です。わざと壊したのでない限り、取り替えてくれる可能性は高いでしょう。

スポンサーリンク