こんなに違うの?!世界各国におけるiPhoneの価格の違い

7月、アップル社は企業としての歴史の中で初めて現金保有額を公表し、その額が2,000億ドルにものぼることを発表しました。これは過去8年間で世界中の人にiPhoneを販売してきたことによる収益のおかげです。iPhoneは決して安くありませんが、人々は飛びつくように購入しています。一般的に平均的な消費者が新型iPhoneに約200ドルを支払っているのに対し、アップル社はキャリアに600ドル以上で販売しています。その平均販売価格は660ドルだそうです。iPhoneを購入している人の数を考えてみてください、アップル社の業績がよいことは容易に想像がつきますよね。

You’ll Be Stunned: How iPhone Costs Differently Around The World

http://www.lifehack.org/308516/youll-stunned-how-iphone-costs-differently-around-the-world

iPhoneの価格を見るときに気を付けなければならないのは、この価格が国によって大きく異なるということです。通貨の変動や税法の違いが理由としてあげられますが、以下の表は国によって価格がどれくらい違うかを示したものです。手持ちのiPhoneを売ってその下取り価格を新しいものに回すと、iPhoneを安く買うことができます。

WebpageFXによる図解では、iPhoneを世界でいちばん安く買うことができるのはカナダで、最も高いのはブラジルでした。平均所得と機種の価格を比較してみると、韓国、そしてアメリカで最も手が届きやすいとされ、反対にインドネシア、インド、フィリピンでは最も入手しにくいとなっています。

スポンサーリンク