世界のiPhone価格を比較!日本は意外に安かった。

iphone_6s_andbox-590x330

いま世界で一番売れている電子機器はと聞かれたら、その候補としてまずiPhoneが挙げられるでしょう。そしてiPhoneは1台当たりの値段が高いこともあり、他の製品が売り上げ目標を達成できなくてもそれをカバーしてしまえるほどの売り上げが見込めます。iPhoneは確かに値の張る買い物ですが、販売価格は国によって違う数字が設定されており、日本の86,800円よりも高い国も安い国もあります

スポンサーリンク

世界には日本よりiPhoneが高い国がある

iPhoneは確かに値の張る買い物ですが、販売価格は国によって違う数字が設定されており、日本の86,800円よりも高い国も安い国もあります。各国のオンラインアップルストアを参考にして、CNNMoneyが国ごとのiPhone 6sの値段をアメリカドルに換算したランキングを作製しました。一番安いのがカナダの636.18ドル(77,000円)、一番高いのがチェコの1029.41ドル(123,600円)となっており、1.5倍ほどの差になっています。

安い国トップ5

安い方から見ていきましょう。順位が高いほど安価な順に並んでいます。

  1. カナダ                  636.18ドル(77,000円)
  2. アメリカ               649.00ドル(77,900円)
  3. アラブ首長国連邦 707.64ドル(85,000円)
  4. 香港                     717.52ドル(86,100円)
  5. 日本                     723.33ドル(86,800円)

高い国トップ5

今度は逆に高い方を。さっきとは逆で順位が高いほど高価です。

  1. チェコ                   1029.41ドル(123,600円)
  2. ブラジル                973.61ドル(116,800円)
  3. スウェーデン          873.63ドル(10,800円)
  4. ハンガリー             858.02ドル(103,000円)
  5. トルコ                   847.84ドル(101,700円)

ユーロ圏内では国ごとに違いあり アジア圏は安めの傾向

フランスやドイツなどのヨーロッパの多くの国では統一通貨ユーロを使用していますが、それでも国によって値段が変わります。これはそれぞれの国で関税率が異なるため、その差額が販売額に反映されるためです。

こうして見てみると、日本は世界でもかなり安くiPhoneを買える国だったようです。日本の次にはロシアや台湾が続いており、アジア圏では安めになる傾向があるようです。

(source:CNNMoney)

関連記事

iPhone7に関する最新リーク情報まとめ【随時更新中】

アップルが長距離ワイヤレス充電機能を開発中 早ければ2017年にiPhoneに導入も視野

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク