iPhone 5seとiPad Proにはそれぞれ最新式のA9、A9Xチップが採用される

ipadairiphone5s

スポンサーリンク

マーチイベントの注目製品に最新式のプロセッサが搭載される予定

アップルが3月15日に開催を予定している「マーチイベント」では、4インチiPhoneの最新型「iPhone 5se」や、初代からの9.7インチディスプレイを踏襲した「iPad Air 3」などの正式発表が行われると期待が集まっています。

また、イベントから3日後には5seやAir 3の事前予約を受け付け始めるという情報もあり、新製品の発表から予約開始まで二週間ほどの期間を取っていたこれまでとは、一味違う展開になりそうです。

5se、Air 3ともにアップルの最新式のプロセッサを搭載すると見られています。

5seはiPhone 6sにも搭載されているA9チップ、Air 3にはiPad Proで採用されたA9Xチップが使われると予想されています。

iPhone 5se

10575751936_d752e66bb2_z

(画像はiPhone 5s)

5seはこれまでのアップルの新製品のパターンから外れた「新しい試み」がされている機種です。

これまでなら毎年iPhone X/X Plusの2機種が発売されていましたが、2016年には5seと7/7 Plusの3機種が発売されます。

そんな5seの情報が出回り始めた時期には、5seのプロセッサに関して有力な説が二つありました。

一つ目はA9チップ(iPhone 6s/6s Plusに使用)。二つ目はその前世代のA8チップです(iPhone 6/6 Plusに使用)。

今では各情報サイトなどの「信頼できる情報源」からの情報で、A9チップが採用されると見られています。

5seのコンセプトが「6sまでの技術を5sのボディに詰め込んだ機種」であることからも、搭載されるチップはA9と見るのが妥当でしょう。

iPad Air 3

23446056126_0e4ba0f5d1_z

(画像はipad Air 2)

一方のiPad Air 3は直接の前機種は2014年発売のiPad Air 2ですが、2015年のiPad Proの特徴を色濃く継承しています

また、本体上部に二つ、下部に二つの合計四つのスピーカーを備えており、他にもスマートコネクター・アクセサリや、背面LEDフラッシュといったiPadシリーズ初の試みがなされています。

アメリカの情報サイト「Bloomberg」によるとiPad Air 3にはiPad Proと同じA9Xチップが使われるようですが、Air 3に採用されるプロセッサに関する情報はこれまでなく、今回が初めての情報となります

ユーザーの反応は様々

この情報を目にしたユーザーからは「やっぱり『iPhone 5se』じゃなくて『iPhone 6s mini』じゃないか」や「5sはA7チップで9万円以上したけど、5seはどれくらいになるんだろう」といった声が聞かれます。他にも「5seの128GBモデルが出れば買う」といった意見もあり、5seの注目度の高さが伺えます。

Via: MacRumors

スポンサーリンク