iPhone 7では16GBモデルが廃止になる可能性あり

この記事をSNSでシェアしよう!

iphone_7_render_mr-800x460

スポンサーリンク

iPhone 7のストレージは32GB以上か

アメリカのテクノロジー系情報を扱う企業「IHS Technology」によりますと、今年の秋に発売のiPhone 7では16GBストレージモデルが廃止されて、最低でも32GBの容量になるとのことです。

現行のiPhone 6s/6s Plusでも32GBモデルは発売されておらず、大きな方向転換を図るものと見られています。

最低ストレージ容量の変更に伴い、ストレージ容量のバリエーションも変化すると思われます。

これまでは16GB、64GB、128GBというラインナップでしたが、最低容量が32GBになったことから32GB、128GB、256GBになるのではという見方が主流です

当サイトでも今年の初め、iPhone 7 Plusは256GBのストレージを持つかもしれないという記事を掲載しています。

当時はiPhone 7 Plusだけという情報で、しかも32GB~256GBのラインナップを持つだろうという話ではありませんでしたが、このときの情報が少し変わった形で実現したのかもしれません。

もっとも、ストレージラインナップの変更が7 Plusだけである可能性も十分にありますので、早合点は危険です。

16GBモデルを使用していたユーザーに大きな影響

さて、16GBモデルがなくなったとしても、それより大きな容量の機種を使用しているユーザーにとっては大した問題ではないでしょう。

問題になるのは、iCloudを積極的に利用して、iPhone本体に記憶させるデータを極力小さくしてきたユーザーです。

iCloudにサインアップするとその時点で無料の5GBを取得でき、さらに月額130円で50GB400円で200GBの追加容量を使うことができます。

iPhone 6s/6s Plusではストレージ容量によって購入価格が2、3万円ほど違いますので、iCloudを利用した方が割安になります(200GB、月額400プランを24ヶ月利用しても9,600円)。

iPhone 7は所詮「6の次」でしかないのか

今年のiPhone 7/7 Plusは、6s/6s plusからあまり大きなアップグレードはされないと言われており、デザインも6s/6s plusに近いものになると見られています。

これまでは「iPhone」の後に来る数字が変わるごとに、つまり2年に1回の大幅アップグレードが行われてきましたが、メディアの中には、今後は3年に1回のペースになると分析するものも現れています。

iPhone 7に予想される変化としては、3.5ミリメートル・ヘッドフォンジャックの廃止スマート・コネクターの導入、デュアルレンズ・カメラの搭載などが挙げられますが、256GBストレージ同様、iPhone 7 Plusでのみの特徴となる可能性もあります。

その場合は本当に「iPhone 7はただの6sもどき」になってしまいますが、一体どうなるのでしょうか。今後もiPhone 7関連のニュースに注目していきたいと思います。

Via: MacRumors

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアしよう!