iPhone7Plusはストレージ256GB、バッテリー3100mAhとなるとの噂

iPhone 7 PlusのストレージとバッテリーがiPhone 7に比べて大容量になるという情報が中国の情報サイトから飛び込んできました。このサイトは以前にポカをやらかした前科がありますので鵜呑みには出来ませんが、数ある噂の一つくらいには思っておいて良いでしょう。

iPhone 7 Plus Said to Have 256GB Option and Larger 3,100 mAh Battery

http://www.macrumors.com/2016/01/02/iphone-7-plus-256gb-storage-3100-mah-battery/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds

iphone6s-scene2-250x367

スポンサーリンク

ストレージ、バッテリーともに大容量に?

中国の情報サイト「MyDrivers(快科技)」によりますと、Appleの次世代iPhoneである「iPhone 7 Plus」は内蔵ストレージ256GBバッテリー容量3,100mAhと共に大容量をフィーチャーしており、一回り小型のiPhone 7との差別化が図られている可能性があるとのことです。

これはストレージが16GBのモデルが発売されないですとか、iPhone 6s Plusの16GB、64GB、128GBの各2倍の32GB、128GB、256GBのラインナップを用意しているですとかではありません。バッテリーの3,100mAhというのはiPhone 6 Plusの2,750mAhに比べて約12.7%増となりますが、iPhone 7/7 Plusの厚さが6.0~6.5ミリメートルになるだろうという情報とは矛盾するように思えます。また、以前から言われていたiPhone 7/7 Plusそれぞれのディスプレイの大きさが4.7インチと5.5インチになるという噂を支持していますが、それ以上の詳細については述べられていません。

話半分に

注意しなければいけないのは、このMyDriversというサイト、過去にAppleの製品計画を大きく読み違えた前科がある事です。ですので、今回の情報も、他のソースから同じ内容がもたらされない限り、話半分に聞いておいた方が良さそうです。

Appleがヘッドフォンジャックを廃止してライトニング端子を搭載しようとしているという話は、これまでにも何度も取り上げています。iPhoneをより薄く、防水仕様にするのがその目的です。他にもTSMC製A10チップ、Intel 7360 LTEモデム、非金属ケース、内蔵型アンテナなどの仕様変更が噂されています。また、RAMが3GBになるとの話もあり、ますます目が離せない状況となっています。

スポンサーリンク