iPhone 7のデザインの詳細が判明 カメラとアンテナバンドが大きく進化

iphone_7_render_mr

スポンサーリンク

iPhone 7のデザイン画像がMacRumorsに掲載

iPhoneシリーズ最新機種「iPhone 7」。iPhoneシリーズの発売日は例年9月でしたが、7は違う時期になるのではないかという見方があります。5seに気を取られてまだまだ情報が少ない7ですが、アップル製品の情報を扱う情報サイト「MacRumors」がiPhone 7のデザインの詳細情報を掲載しました。その外見はiPhone 6に非常によく似ていますが、大きく2つの点で異なるとのことです。

背面カメラ

1つ目は背面カメラ。6/6sではわずかに本体から盛り上がっていましたが、7ではカメラモジュールの小型化によってフラッシュごと本体フレームの中に収まっています。iPhone 7 Plusではデュアルレンズカメラを採用するという情報もありますが、一回り小さい7では従来型のカメラを搭載するようです。

アンテナバンド

2つ目は、本体背面からアンテナバンドが取り除かれたこと。今までは本体上下に金属のバンドが入っていましたが、それがなくなりすっきりしたデザインになりました。上の画像を見てみると縁取りの部分には残っているようですが、だいぶ気にならなくなりました。

実際の寸法は不明

今回もたらされた情報からではiPhone 6/6sと比べてどちらが薄いかを確認することはできませんでした(もっとも薄くなっていたとしてもごくわずかでしょうが)。そして多くのユーザー、特に別売りのケースに入れて使っていない人にとって見れば、カメラが本体に収まったことの方がよほど大きな変化でしょう。

Via: MacRumors

こちらもどうぞ

「iPhone 5se」は買うべき?スペックはiPhone6に近いか。 【アンケート実施中】

スポンサーリンク