iPhone7のコンセプトイメージ、全面ディスプレイ

iPhone7の登場は1年以上先の話なのでしょうが、ネット上にはもうそのコンセプトが出回っています。こちらの動画でも、iPhone 7の予想図が登場していますが、実際にApleがこのような製品を作れるかは疑問の残るところです。

iPhone 7 concept imagines the next big thing for the iPhone’s display

http://bgr.com/2015/10/23/iphone-7-concept-design-display-home/

iphone-7-concept-marek-weidlich

この動画に出てくる予想図は、デザイナーのMarek Weidlich氏によって描かれたものです。とても斬新で、スマートフォンの歴史が塗り替えられるデザインと言えるでしょう。 基本的なデザインはiPhone 6にインスパイアされたものですが、決定的に違う点もあります。

その最たるものは、端から端まで広がるディスプレイでしょう。ホームボタンがなくなり、画面上をタップする方式に変わりました。このようなデザインは、実際に検討されているという話もあります。とは言え、前面カメラやスクリーンから聞こえるスピーカーなどはApple製品には実装されてきませんでした。というのも、ゲームや動画の再生を行う時には、こういった装備はアプリ内UIや使い勝手を大きく損なうからです。

また、背面もプラスチック製の枠の中に金属のパーツがあるという独特なデザインになっています。この金属部分は、動画内の様にカスタマイズすることができます。おそらくApple以外のメーカーがこぞって付け替えパーツを作る事でしょう。

また、動画ではiOS10についても触れています。Apple WatchにインスパイアされたUIや、ゲーム機としても優れた機能を有することなどが期待されています。

スポンサーリンク