iPhone 7のホームボタンはタッチセンサー式に?

16649-13603-concept-iphone7-l

スポンサーリンク

iPhone 7ではタッチセンサー式のホームボタンに?

タッチセンサ―方式のホームボタンがiPhone 7に実装されるという噂が流れています。

これが実現すれば、iPhone 7の前面はこれまでのiPhoneシリーズとは違い、完全にフラットなものになるでしょう。

これは台湾のガジェット系情報を扱うウェブサイト「DigiTimes」と「Storm.mg」が伝えたもので、両サイトによると、iPhone 7は既に第三段階まで終了しているそうです。

一方iPhone 7の背面についてですが、こちらもフラットになるのではないかと見られています。

現行のiPhone 6や6sではカメラ周りに出っ張り(バンパー)がありますが、「iPhoneをテーブルの上に置くと斜めに傾く」「見た目が悪い」「邪魔」などとユーザーからはとにかく評判が悪く、アップル側もこれを改善すると思われます。

防水仕様かは不透明

先ほどのDigiTimesとStorm.mgの記事ですが、iPhone 7が防水になるかについては内容が食い違っています

iPhone 防水機能は全てのユーザーが望んでいると言っても良いくらいの機能です。

以前お伝えした記事ですが、iPhone 6sは30分沈めておくとスピーカーが破損し、iPhone SEに至っては水没後わずか1分で使用不可能になります

一方で、すでにサムスンのGalaxy S7は水深1.5メートルに30分放置しても大丈夫な程度には防水仕様になっており、防水分野でアップルは後れを取っています

3.5ミリメートルヘッドフォンジャックの廃止も防水に貢献

完全防水を実現するには、水の侵入経路となるポートの類を極力減らすことが必要になります。

以前から言われているように、3.5ミリメートルヘッドフォンジャックを廃止したことは防水に関して大きなプラスと言えます。

当然これまでのヘッドフォンは使えなくなりますので、BluetoothやWi-Fi、ライトニング端子といった経路に対応しているヘッドフォンが必要になります。

まだiPhone 7の正式な発売日は発表されていませんが、例年通りの発売スケジュールであれば2016年9月ごろと見られています。

ですが今年はiPhone SEが発売されるなど、昨年までとは違う動きを見せていることも事実ですので、発売時期がずれる可能性は十分あります。

具体的な情報が入り次第、当サイトでも取り上げていく予定です。

Via: AppleInsider

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク