AppleはiPhoneの防水機能のために様々な新技術の導入を検討中か

来年発売の iPhone 7(仮)に関して飛び交う噂の一つに、防水仕様になるというものがあります。iPhone 6s も水に対してある程度の抵抗力を持っていますが、Apple は6s を「防水」仕様とは明記していません。

Clever Apple invention paves the way for a truly waterproof iPhone

http://bgr.com/2015/11/27/waterproof-iphone-7-apple/

iphone-6s-ifixit-teardown-1

スポンサーリンク

シャッターを下ろして水の浸入を防ぐ新技術

Apple は以前、電気の力で水を排出する技術の特許を申請していますが、この度また新たに防水技術に関する特許を申請しました。この技術は水の侵入経路にあらかじめシャッターを仕込んでおき、必要な時に塞ぐというものです。経路として考えられているのは、スピーカーマイク、そしてヘッドフォン端子です。以前の特許は入ってきた水を排出する技術でしたが、この技術はそもそも水を中に入れない技術ということです。この機能はオートで起動するようですが、事前に閉じておくことも出来ます。開閉は音声入力、タッチパネル、あるいは直接手で切り替える事が出来ます。

今後の見通しは不明

以前の記事でも書きましたが、やはりこれらの技術が iPhone7やその後継機種に採用されるかは未知数です。Apple が防水仕様の実現に向け、あらゆる手段を模索しているというのは真実でしょうから、いずれは完全防水の iPhoneシリーズが発売されるのは確実でしょう。

スポンサーリンク