iPhone SEが4K動画撮影にも対応している可能性あり もはや3D Touchのない6s

16181-12838-160315-iPhone_4K-l

スポンサーリンク

iPhone SEが4K動画撮影に対応か

Apple関連のニュースを扱う情報サイト『AppleInsider』によると、来週正式発表になる4インチiPhone「iPhone SE」のカメラは、iPhone 6sと同様4K動画撮影にも対応しているかもしれないと報じました。

AppleInsiderによると、アップルは先週、iPhone SEのプロモーションビデオの撮影を完了したという情報がありますが、その中にiPhone SEで撮った4K動画をフィーチャーした一幕があったとのことです。

これまで以上に6s並の性能の可能性が高まる

プロモーションビデオの撮影に関するアップルの公式発表はありませんが、もしも4K動画対応が事実であれば、これまで以上に「見た目は5s、中身は6s」に近づいたと言えるでしょう。解像度としては1,200万画素カメラが予想されています。

iPhone SEは5s以来の4インチiPhoneの系譜であり、4インチiPhoneの需要には応えられるものの、フラッグシップである6sに取って代わるようなものではないと思われてきました。

しかしiPhone SEの正式発表が近づくにつれ、5sよりもむしろ6sに近い機種であることがわかって来ました。

3D Touch機能こそ搭載されていないものの、Apple pay用のNFCやライブフォト用の1,200万画素iSightカメラといった、6sに劣らない機能を有していると見られています。

機能がほぼ6sと同等でサイズが小さくなるとなれば、今まで買うつもりのなかったユーザーの中にも、買い替えを検討する層が出てくるのではないでしょうか。

Via: AppleInsider

スポンサーリンク