分解してよく分かった:iPhone SEと5sの中身はよく似ているけど似て非なるもの

16403-13194-160331-iFixit-1-l

スポンサーリンク

多くの既存のパーツを継続して使用しているiPhone SE

電子機器の修理情報や修理器具等を提供しているアメリカのベンチャー企業「iFixit」によると、iPhone SEには既存のパーツがかなりの割合で使われているようです。

たとえばiPhone 5sから抜き出した4インチディスプレイをiPhone SEに付けても問題なく動きますし、他にもスピーカーやSIMカードトレー、バイブレーションモーターが完全に置き換え可能です

iPhone SEがもともと5sの後継機として開発されたいたことを考えれば、使われている部品が似通っていることは納得できるでしょう。

当然グレードアップしているパーツもあり

先日iPhone SEを分解して分かったことですが、ロジックボードを含めた内部デザインはiPhone 6とそっくりです。

しかし、似ているようでも確実にグレードアップしているパーツもあります。

たとえばバッテリーですが、5sでは1,560mAhだったものがSEでは1,624mAhに向上しています

単純なバッテリー単独の容量では2,000mAhを超す機種も多いですが、他のパーツの消費電力も改善されていることから、iPhone SEはスマートフォン最高レベルのバッテリー持続時間を記録しています

細かい部分で性能が向上している

これまでにも言われているように、iPhone SEの背面カメラは1,200万画素のiSightカメラを搭載しています。

5sの800万画素に比べて大きな進歩と言えるでしょう。

スポンサーリンク