iRobotの新製品、Wi-Fiで操作可能なルンバ980

お掃除ロボットの元祖であるiRobot社はルンバシリーズの最新機、ルンバ980を発表しました。この新型機は「アプリ制御」「知的視覚ナビゲーション」Wi-Fi接続のような特徴があります。

iRobot Releases New Roomba 980 Is WiFi Connected Now

http://www.mytechbits.com/irobot-releases-new-roomba-980-is-wifi-connected-now/9816340/

Roomba-980-iRobot

掃除するときにvSLAM(visual simultaneous localization and mapping)という技術を用いて家の中の地図を作成します。掃除が完了するまで、位置を記録し続けます。

そしてルンバ980はWi-Fiを使ってAmdroidやiOSとつなぐ事が出来ます。掃除開始を予約するだけでなく、掃除の記録を確認することもできます。iRobot社によって追加されたクラウドアプリを使えば、外出中に家の中をきれいにさせておく事が出来ます。バッテリー残量が低下すると、自動的にベースに戻って充電します。そしてもう一度充電が完了すると、同じ場所から掃除を開始します。

Roomba-980

雑巾がけのように平行に動くことで、広い場所で効率的に掃除が出来ます。その間、必要に応じてパターンを変化させるために内蔵センサーを利用するので、テーブルの下やごみの周りにスムースに入り込む事が出来ます。

また、スマートフォンを使って、毎日の掃除をセットしておく事が出来ます。掃除スケジュールのセット、開始/終了時刻の設定、掃除ルートの確認などが出来ます。頭も良いので、カーペットやラグを掃除するときにパワーを自分で調節します。

ルンバ980は2015年9月18日にアメリカで発売です。お値段は899ドル。しばらくすれば日本や欧州各国でも販売が開始されます。

スポンサーリンク